ボードゲーム・非電源

ADVENTURE LAND ボードゲーム

銀が少し前に買ってきたNewGameを
(家族がそれぞれみんな忙しくて時間がとれず、、、)
ようやく開封しました!

箱にはABENTEUERLANDと書いてあります。ドイツ語ですね。
中のマニュアルはADVENTURE LANDです。

簡単にいうと(シナリオが3種あるうち、シナリオ1について)
ボードの左上から右下に数個の冒険者コマを1回につき2マスづつすすめていきます。
(左や上にはすすめません)
毎回プレーヤが、地形カードというものを引くので、引くたびにアイテムや魔物が出現します。
それらのアイテムをひろいながら、また、魔物を戦いながら点数を稼いでいくゲームです。

アドベンチャーランド

ドミニオン

毎年すこしづつ増えているボードゲーム。去年の12月はカタン、今年はカードゲームの「ドミニオン」。ginの期末テストも終わったので、今日開封しました。自分もginもトレーディングカード系の経験がないので、最初ちょっととまどいましたが、今日、2回やってみてだいたいわかりました。
付属マニュアル読んでもいまいちわからず、YouTubeで全体感を把握しました。(カルカソンヌのときはDVDが入っていたのですぐわかったんだけどね〜)

おおざっぱに言うと、、、

自分の山から5枚引いて、その5枚をつかって、買い物をします。
買い物したら使ったお金カードも、買ったカードも、自分の場に置いていきます。(全部財産となります)
山がなくなったら、シャッフルして、山をつくり、また5枚ひいて・・・を、くり返していきます。
つまりターンを終えるごとに買った分だけどんどんカードが増えていく仕組み。

後半になってくるとカードの効果が大きくなり、
高い買い物ができるようになってきて、
最終的に勝利ポイントカードを買ってポイントが大きい人が勝ち。

という感じです。

ただ、マニュアルがおおざっぱな感じなので、アクションカードにかかれているものに対してこっちの解釈が合っているかどうかよくわからない部分もあります。(わからないときはハウスルールとして解釈してもいいんですけど)

年末年始もうちょっとやってみよう!

ドミニオン

手作りのStratego(ストラテゴ)

ginが夏にアラスカでホストファミリーと遊んだストラテゴを自作してみました。昭和世代はよく知っている軍人将棋とほぼ同じで、一コマづつ進みぶつかった敵のコマと比べて数字の大きい方が残ります。無敵の爆弾(地雷)は、「3」の工兵にだけ負けます。最強の「10」は「スパイ」に負けます。「旗」のコマをとったほうが勝ち。単純なのでファミリールールを添加するとバリエーションもかわります。

というわけで、システム上、ひとつひとつのコマは全く同じ形にしないと、相手に何のコマなのか、ばれてしまうので、うちのジグゾーでつくるのにはちょっと自信がありません。ということで、松戸のお友だちの木工房におじゃまして、機械で切ってもらいました。
工房「O-Craft オークラフト」は家具の制作だけではく、オーダーメイドで、アコースティックギター・エレキギターを制作してところです。

さて、コマが完成したあとは、持ち手の部分です。ここはボール紙にインクジェットプリンターでラベルシールにプリント。耐久性は期待できないので、せめてインク部分をさわらないように手でつかむところはプリントしないようにしました。

stratego1stratego2
stratego3stratego4

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss